情報発信/データデザイン研究会

[月刊]第8回筑豊スイーツ特集 12月号

気付けばもう年末、皆さん今年は何か思い残すことはありませんか?

そう、年末の前にクリスマスがありますよね。今回はクリスマスにぴったりのケーキを紹介していきます。

 

今回は飯塚市東徳前にある「セゾン」にお邪魔致しました。

お店の写真はありませんが、お洒落で華やかな雰囲気なお店でした。

今回は以下の3つの商品をご紹介いたします。

 

1.焼きチーズケーキ(¥350)

PC120401

まずはシンプルかつ奥深さの一層際立つチーズケーキから紹介いたします。

チーズはフランスの有名な「kiri」社製クリームチーズ、卵は福岡県鞍手群にあるブランド卵の「味宝卵」を使用しており、

更に、牛乳は飯塚市内野にある老舗「大庭牛乳」を使用するといったこだわり溢れるケーキとなっています。

生チーズと焼きチーズの2つがあったのですが、今回はチーズが香る焼きで行きましょう。

PC120407

一口食べるとガツンと来るチーズの風味に多少の塩味・酸味が乗り、甘味が締めてナイスコンボです。

チーズケーキは甘味が主流になりやすいですが、こちらはしっとりチーズが主役で大舞台に立っております。

流石はセゾンランキングNo.1のケーキ。そのポテンシャルは収まることを知りません。

 

2.セゾン(¥500)

PC120416

たっぷり乗ったフルーツにお店の名前を冠するケーキとは、なかなかどうして期待が膨らみませんか?

フルーツには季節の果物が使用され、良い具合にシロップ漬けにされております。

シロップの甘みにケーキの甘み、フルーツ特有の酸味が良い感じに合っていますね。

PC120421

下の土台はスフレチーズケーキとなっており、しっとりとした口当たりが最高です。

また甘過ぎない生カスタードクリームも組み合わさり、更にしっとりかつ滑らかになっております。

期待を外さず、期待以上の結果を叩き出すおすすめのケーキです。

 

3.ふんわりチョコケーキ(¥380)

PC120410

まさかの社長がおススメする一押しのチョコケーキでございます。

見た目はただのシンプルなチョコケーキですが、まさかその程度で収まるはずがありません。

チョコクリームは甘過ぎずにほんのりとカカオの苦みが漂い、丁度良い塩梅となっております。

PC120413

土台はまたまたスフレチーズケーキ、その間に生クリームとイチゴクリームがそれぞれ挟まれています。

生地の塩味・生クリームの甘み・チョコの苦み・イチゴの酸味がそれぞれ口の中で主張をし、華やかになります。

見た目のシンプルな静けさとは違い、食べてみると口の中がパレードの様に賑やかになります。

 

さて今回のご紹介したスイーツたちはいかがでしたでしょうか?

この他にもオリジナルケーキやウエディングケーキの注文を承っているようです。

今年のクリスマスをオリジナルケーキで賑わってみてはいかがでしょうか?

次回は飯塚に隠された更に魅力的なスイーツをご紹介いたします。

 

[今回ご紹介したお店]

住所:福岡県飯塚市東徳前12-37「セゾン

お電話:0120-570-143

営業時間: 10:00~20:00

定休日:火曜日

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最新記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

管理画面へ

最新コメント

    月別アーカイブ

    会員募集

    現在筑豊ゼミでは会員を募集しています。

    筑豊地域づくりセンター

    筑豊ゼミへのメールはこちらより

    試験的に稼働しています。 上の入力フォームに送信者のアドレスを入力することで メーラーが立上がります。